UX と EFO

VER88_sumafonayamu15150207

先日、目から鱗な記事を読みました。
「カートに入れる」は業界用語 ヤフー「らくらく通販」、ECの当たり前を覆したスマホUIに注目

これって、全く考えてもみなかったことです。
「かご」や「カート」は実際の近所のお店でも当たり前に利用します。
そのことから今ではサイト製作者はこれくらいわかるだろうという認識で、買い物をするボタンに「かご」や「カート」という文言を当たり前のように使用しています。
でも実際の EC では「かご」や「カート」なんて存在せず、カート(かご)ページというものを作って、仮想カート(かご)を無理やり表現しているにすぎません。

それこそ、インターネット通販が当たり前の時代になったからこそ、「通用する」だけであってそれが最適解ではないということですね。
「かご」や「カート」という言葉を使用してはいけないのではなく、UX として「かご」や「カート」という言葉を使うことが当たり前ではないということです。

似たような話で、必須項目に「※印」もサイト制作者側からしたら、これくらいわかるでしょ?という仕様です。
必須なら必須、任意なら任意と書くことが EFO や UX としてはすごく大切なことです。

ウェブサイトの常識にとらわれてしまったら UX としてはボロボロになってしまいそうです。
2016/02/25(木)

------

BLUE STYLE の Facebook ページ を作りました!
もしよろしければ、いいね!をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP